人気ブログランキング | 話題のタグを見る

完成

やっと完成しました。 建物本体のみですから周囲の庭などまだまだやることはありますがとりあえずうちの仕事はおわりです。 お茶室付の住宅ということで、かなり勉強させていただきました。
いろいろ約束事や決まりごとがあるので大変な工事でしたが、調べたり本を読んだり、あるいはその道の方の話をいろいろ聞いたりしていくうちに、実は茶室というのは本来はそういう決まりごとというのはなく、もっと自由にできるものだということもわかってきました。

形だけをまねるのではなく亭主がやりたいように好きなように茶室を作る、というのが茶道の理念にかなっているということですね。

完成_a0146190_810894.jpg
完成_a0146190_8101337.jpg
完成_a0146190_8102167.jpg
完成_a0146190_8102752.jpg
完成_a0146190_8103191.jpg
完成_a0146190_8103532.jpg
完成_a0146190_8103922.jpg
完成_a0146190_8104427.jpg

# by zaxkudo | 2010-03-25 23:03 | 日記

そろそろ仕上げです

そろそろ仕上げの段階になってきました。
このブログは「一部紹介」ということなのでずいぶん途中を端折ってしまいましたが完成まであと10日くらいのところです。

茶室の給仕口部分。 ここの入り口は1.5mも高さがありません。今日壁を塗りまわした上に和紙を貼って補強したりする部分です。
そろそろ仕上げです_a0146190_1135363.jpg
そろそろ仕上げです_a0146190_11354198.jpg


下地窓部分
そろそろ仕上げです_a0146190_11354558.jpg


茶室客座上の天井付近。 蒲天井に晒し竹組み。 鏝が入らない細かい作業なので左官が大変そうです。
そろそろ仕上げです_a0146190_11354951.jpg


水屋造作。
そろそろ仕上げです_a0146190_11355381.jpg


玄関ホールです。
そろそろ仕上げです_a0146190_11355748.jpg


玄関前ポーチのタイル貼り。 丸太柱の根っこ部分などはほんとは自然石を埋め込んで石ほぞ建てにするのが本式です。予算の関係で今回はモルタル研ぎ出しの予定でしたがサービスで石貼り。
本格的茶室は坪単価200万円位から・・・ともいいますので、一般的な住宅のコストで茶室付和風住宅をつくるのは無謀ではないかという人もいたのですがなんとかそれらしくなってきました。
そろそろ仕上げです_a0146190_1136121.jpg


2階居間入り口付近。
そろそろ仕上げです_a0146190_1136595.jpg

# by zaxkudo | 2010-03-05 11:33 | 日記

造作他

細々とした造作の段階に入ってきました。工事も終盤です。

造作他_a0146190_8584854.jpg
造作他_a0146190_8585384.jpg
造作他_a0146190_858571.jpg
造作他_a0146190_859128.jpg


天井上の断熱は、今回はグラスウールのブローイングです。 20~30センチくらいの厚さで天井上にガラス繊維の断熱材をホースで吹き込みます。
造作他_a0146190_859532.jpg


階段はできるだけゆったりとあがれるように17段であがります。 一般的な住宅が13~15段くらいであがることを考えるとかなり緩やかな勾配です。
造作他_a0146190_859973.jpg


丸太と丸太、丸太と竹の接合部は曲面と曲面がくっつくところなので、ブツッと切って差し込むというわけにはいきません。 職人の腕の差が一番でるところです。
造作他_a0146190_8591387.jpg

# by zaxkudo | 2010-02-13 23:56 | 日記

諸々

和風の内装がちょっとずつできてきました。

玄関ホールの蒲天井竹竿縁付きです。 
諸々_a0146190_2110134.jpg


小間茶室の床の間部分。 皮付き赤松丸太の床柱と框は杉の太鼓丸太にしてみました。
諸々_a0146190_2110640.jpg


炉前の変木丸太はサルスベリの木です。横木は錆び竹で。
竹もいろんな種類がありますが、普通の竹に見える竹も煮て油を抜いた後、曲がりを矯正して干して使うなど、手間がかかっています。 錆が浮いたように薬品処理したものや、成長するときに型にはめて変形させて育てた竹など、やはりただの竹ではありません。
諸々_a0146190_2110973.jpg


この小間には玄関ホールに向かって下地窓が付きます。 蒲と蔓で編んだ下地をくみこんで窓をあけます。
内側には障子が着くのですが、外からの光で障子にこのような影が映る仕掛けです。
諸々_a0146190_21101379.jpg


小間茶室の勾配天井。 ここは杉の磨き丸太垂木にしましたが竹の垂木もよく使われます。
諸々_a0146190_21101784.jpg


こちらは広間茶室の床の間の落とし掛け部分。 床柱は北山杉の絞り丸太に錆び角竹の落としがけを差し込みますが、丸太の柱に角の丸い角竹を接合しなくてはならないのでカーブをあわせるに手間がかかります。
専門用語ではこれを「ひかる」といいます。
諸々_a0146190_21102086.jpg


客座天井の竿縁天井。 茶室の原則ではお茶を立てる人がいる天井より客座の天井のほうが高級なものになります。 自分の場を一段低い材質のものにすることでへりくだる、という意味があるのですね。
諸々_a0146190_21102476.jpg


温水ルームヒーターの暖房をご希望なのでその配管をしました。 当初、大手家電屋さんから購入する予定だったようですが、家電屋さんの工事屋さんではこういう配管はできないようです。
諸々_a0146190_21102875.jpg


前の家についていたアーチ上の扉を再利用して取り付けることにしました。
諸々_a0146190_21103133.jpg


炉縁も位置を決めてこれから取り付けます。
諸々_a0146190_21103614.jpg

# by zaxkudo | 2010-02-06 23:06 | 日記

下地他

だいぶ更新に間があいてしまいました。

連子窓にペアガラスをはめてコーキングが完了したところ。 この上に竹の格子がつくことになります。
本来の茶室はガラスなんてのはもちろんないわけですが、北国の盛岡ではガラスがはいっていない窓なんてやはり考えられません。(^^)
下地他_a0146190_85738.jpg


和室続き間の境欄間下地。 以前の家からはずしてきた欄間障子をここにはめ込みます。 使えるものは使いましょう。
下地他_a0146190_851251.jpg


断熱材は一般的な22kg相当のグラスウールです。0.2ミリの防湿気密シートもきれいに張り込みます。
断熱材はさまざまありますが、コストや全体的なバランスをみて決定しています。
下地他_a0146190_85176.jpg


これも以前使っていた流し台です。ホーロー扉です。これも使えるものは使いましょう。
下地他_a0146190_852148.jpg


ユニットバスの組み立てが完了。 2階に設置です。
下地他_a0146190_852577.jpg


茶室の給仕口部分。京壁を塗りまわしたうえに和紙で補強貼することになります。
下地他_a0146190_852825.jpg
下地他_a0146190_853217.jpg


茶室小間の床柱。 赤松の皮付き丸太です。
下地他_a0146190_853693.jpg

# by zaxkudo | 2010-01-10 08:04 | 日記